露天室外温泉はいつも人々の自然への回帰のための無限の憧れを持っています。室外の温泉に浸かって、汗をいっぱい出してはじめて、中から外への変化を成し遂げることができるらしいです。大連成園温泉山荘熱帯雨林温泉水遊びパーク二期館の室外温泉は山に映えて、水に臨んで、地勢の起伏、あずまやの走向に沿って、動的構図を考えて、独自の芸術性を持っていることによって、一般的な温泉施設の平凡を突破しました。その環境は美しくて、温泉は優美で、含みを持って、艶めかずに、中国風景式庭園建造文化の眞髄を良く表していました。樹はあずまやを遮って、あずまやは水面に映って、水は洞と照り映えて、洞には淹が隠れて、様々な景観は互いに融合して、精巧で気持ちが良くて、互いに風景になっています。人工で作られていたのに、天然の美のようです。

二期館室外温泉の水は地下3337メートルの深さから取った7億3500万年前の太古深層温泉水で、年代誤差は50万年以下です。温泉水の温度は52℃で、まる一日に出る水量は1600トンです。専業測定によって、温泉水はさまざまな人体に必要な微量元素と鉱物質を含んでいます。例えば、カルシウム、鉄、マグネシウム、マンガン、ストロンチウム、亜鉛、セレン、メタケイ酸等。長期に浸かったら人体に良い物理治療効果が生じます。

二期館室外温泉は大きさが異なって、温度が異なる露天温泉バスタブが全部で十一個あります。温泉バスタブは主に熱水作用、静電相互作用、浮力効果とミネラル化学作用によって、人体に温泉水治療役割を充分に果たすことで疲労を和らげて、身体を壮健にする等効き目を果たします。露天温泉は室外に位置して、景色が広々として、空気が通っていることで、人々はより快適に感じることができます。石灰洞に隠れているバスタブ、樹の影に遮られた淹、水面の下で泳ぎ回っている魚は全部俗世から離れて自然に帰る静かさを作っていました。

鳥類は山林の楽しみを知っていますが、多くの忙しい現代人は大自然の楽しみが分からず、人と自然の調和による楽しみを感じていません。もし貴方は養生の道に精通している達人であったり、温泉旅行の愛好者であったりすれば、自分の心を休ませることを必ず忘れないで、疲れ果てている心身を休ませて、二期館室外温泉に来て、世俗的なうわべを洗い落として、生命の青春の美を新しく輝かせます。

ヒント:

二期館室外温泉バスタブは館内のすぐそばにあって、寒い冬季においても、汗まみれになった後春のような暖かい館内に気軽く戻ることができます。水遊びパーク一期館は二期館と繋がり、二期館と三期館は繋がり、三つの館は繋がっていて、遊び放題です。