成園温泉水

成園山荘の温泉水は地下3337メートルの深さから取った7億3500万年前の太古深層温泉水で、高温泉に属して、人体治療・沐浴に適する温泉温度です。成園温泉水の日間噴水量は1600トンであり、さまざまな人体に必要な微量元素と鉱物質を含みます。例えば、カルシウム、鉄、マグネシウム、マンガン、ストロンチウム、亜鉛、セレン、メタケイ酸等です。その中、ストロンチウム元素の含有量は医療価値濃度及び鉱泉水命名濃度の要求の基準に達し、即ち、成園温泉水のストロンチウム元素の含有量は医療価値に達し、「成園――ストロンチウム水」と命名できます。遼寧省国土資源庁の纏めによれば、大連成園温泉山荘は市内四区の第一軒の法律に照らして温泉水採掘許可証を取得した温泉企業です。山荘水遊び館、室外温泉、客室内のシャワー、バス、水泳用の水は全部太古深層温泉水です。水遊びパーク内には温泉プールが五十九個設けてあります。そのうち温泉水泳プールが七個、温泉バスタブが五十二個(温泉気泡プール一つ、露天温泉バスタブ十一個、芳香SPA温泉バスタブ九個、人参養生SPA温泉バスタブ八個を含んでいて、あとはみないろいろな温泉バスタブです)。